SCROLL TO READ MORE

日本三文殊のひとつで、政宗により寄進された資福寺梵鐘が復元され掲げられる

山形県南東部、米沢盆地の東部に位置する東置賜郡高畠町。町域の中央、文殊山の西麓に古くは文殊寺村と称された旧置賜郡亀岡村(現高畠町亀岡)があり、古杉老松に囲まれた文殊山の北西麓には、日本三文殊のひとつ、亀岡文殊とその別当であった松高山 大聖寺があります。

真言宗智山派に属し、松高山と号す大聖寺の俗称でもある亀岡文殊は、大同二年(807)法相宗の高僧徳一上人の開山と伝え、文殊堂に祀る中国から伝来の秘仏文殊菩薩像は、往古より知恵の文殊、生き文殊と称され、近郷近在のほか、最上郡や信達二郡、さらには越後からの参拝者も絶えなかったと云います。

永禄十年(1567)八月三日、米沢城に生まれた伊達政宗と文殊堂にまつわる伝説として、『嫡男誕生を願う義姫が、長井荘亀岡文殊堂・・・・・の側に住居する有験の僧長海上人に命じて湯殿山に祈願せしめ、御神体の湯に浸した幣束を御寝所の屋根に安置することを持って懐妊した』と、性山公治家記録は記します。

大聖寺の鐘楼堂に掛かっていた梵鐘は、伊達氏の帰依寺で領内随一の大寺院であった夏刈の資福寺に掲げられていたもので、天正十九年(1591)伊達政宗岩出山移封の折に亀岡文殊に奉納されたものでしたが、昭和二十六年に惜しくも鋳潰いつぶされ、現在は復元されたものが本坊大門傍らの鐘楼堂に祀ってあります。

慶長六年(1601)会津から移封を命じられた上杉氏は三〇万石で米沢に入部。翌年、直江兼続は何故の余裕か、側近雅友二十余人と亀岡文殊堂に参詣し、詩歌百首を奉納しました。兼続をはじめ、前田慶次、大国実頼らが詠んだ詩歌は「亀岡文殊堂奉納詩歌百首」として現存し、町の指定文化財となっています。

関連記事

亀岡文殊堂 / 松高山 大聖寺へのアクセス

  • 〒992-0321 山形県東置賜郡高畠町大字亀岡4028−1
  • 奥羽本線「高畠駅」から車で10分
  • 東北中央自動車道「南陽高畠IC」から車で12分

Author
kenc0224

kenc0224

南奥羽の名所旧跡を悠々閑々と訪ね歩き、物見遊山に日を暮らす掃苔家で巡拝家、偶に登城家なブロガー。掻い撫での道楽なため歴史は苦手。大河は、独眼竜政宗、炎立つ、八重の桜(会津編)、真田丸がお気に入り。雨降りの日は籠居して、家紋の図案を物します。